能因法師

能因法師 岡本綺堂 藤原時代。秋のなかば。 洛外の北嵯峨。能因法師の庵いほり。 藁葺の二重家體にて、正面の上のかたに佛壇あり、その前に經卷をのせたる經机を置く。 佛壇につゞきて棚のやうなものを調しつらへ、これに歌集または 続きを読む…

猫 宮沢賢治 (四月の夜、とし老とった猫が) 友達のうちのあまり明るくない電燈の向ふにその年老った猫がしづかに顔を出した。 (アンデルゼンの猫を知ってゐますか。 暗闇で毛を逆立てゝパチパチ火花を出すアンデルゼンの猫を。) 続きを読む…

泣いてゐるお猫さん

泣いてゐるお猫さん 村山籌子 ある所にちよつと、慾よくばりなお猫ねこさんがありました。ある朝、新聞を見ますと、写真屋さんの広告が出てゐました。 「写真屋さんをはじめます。今日写しにいらしつた方の中で、一番よくうつつた方の 続きを読む…